3つのたねに絵本の水を

3人の子供たち、にーさん(小3)ひめ(5歳)ちび(1歳)に読み聞かせた絵本を紹介しています

ひげの食欲に圧倒「ひげとしんぞう」

こんにちは。
ちびはあっさり断乳成功したものの、胸が張って痛くて泣きそうなくるみです。
少しの衝撃でも痛いその胸に、ちびが平気でヘッドドロップをきめてきて、激痛。

出産にまつわる事ってどうしてこんなに痛いこと尽くしなんでしょう…

でもまあ、体の中で生命が育ち、3キロ近くの物体が出てくる。
それって本当にすごいことですよね。

思えば、出産だけでなく、普段の生活だってすごいことです。
心臓が血液を流し、肺が酸素を取り入れ、胃と腸で食べ物から養分を吸収する。
関節を曲げ、筋肉を使って動くことができる。
そして、全ての司令を担う脳。組み込まれた遺伝子。

神秘的なつながりによって私達は生きているわけです。

さて今日は、そんな人間の身体の中から選ばれし2つの部位のお話。

まさかの肉食、ひげ

選ばれし部位とは…心臓とひげ!

シュール!!

絵もシュールで何とも言えない色彩と迫力に、子どもたちのハートをつかむこと間違いなし。

前半ずっと同じストーリーを歩んでいたしんぞうとひげが、ばったり出会い、物語が動き出します。

ひめもにーさんも後半の展開に驚いたり、突っ込んだり、目が離せませんでした。

民話を元にした、生命力を感じるアフリカの絵本です。

しんぞうとひげ (ポプラせかいの絵本)

しんぞうとひげ (ポプラせかいの絵本)