3つのたねに絵本の水を

日々思ったこと、子育てエピソードと共に、3人の子供たち(にーさん(小4)ひめ(年長)ちび(2歳))に読み聞かせた絵本を紹介しています。

心配症の子は要注意「ひとまねこざる」

こんにちは。
あまりの寒さに暖房解禁してしまったくるみです。

3年生になってにーさんの担任の先生は厳しい男の先生になりました。怒るとすごく怖いらしい。
怒られてない子が恐がって泣いてしまうらしい…。

それを聞いて思ったのが、怒られてない子こそ、恐がりだってこと。
だって怒られるのを恐れて、悪いことしないようにしようと思ってるんだから。
怒られてる本人は飄々としてたりするんですよね。

そう、何を隠そう私自身、怒られることを恐れていたのです。優等生キャラでした。
怒られることを恐れず、やりたいことができる子に憧れたりもしてました。

にーさんは怒られているらしい…。
(怒られる覚悟なのかというと、男の子はまた違う感覚なのかと思う)

さて、今日の絵本は、怒られ慣れてない子にはハラハラドキドキの本。

心配しすぎてストーリーを追えない

Eテレでもやってる「おさるのジョージ」の絵本。

ジョージは好奇心旺盛。
やりたいことを抑えきれず、ルールを無視してしまう。
子ざるということもあって愛らしいジョージなのですが…

優等生キャラにはハラハラが止まらない。

私の血を引き継いだのか、ひめは動物園から勝手に脱け出してしまった時点でドキドキ。
「動物園の人、探してるんじゃない?怒ってるんじゃない?」

話は進みます。
けれど…
「帰らなくていいのかなぁ。」

いやいや、ジョージ、もう勝手にペンキ塗ってるよ。

動物園のことが気になって、ストーリー追えていません。

そんなこんなで最後のシーンでみんなが怒ってないことがわかってほっとした様子。

ひめにはちょっと疲れてしまう絵本でした。

でも、自分ができない冒険を味わえるのも絵本のいいところですよね。

ひとまねこざる (岩波の子どもの本)

ひとまねこざる (岩波の子どもの本)