3つのたねに絵本の水を

3人の子供たち、にーさん(小3)ひめ(5歳)ちび(1歳)に読み聞かせた絵本を紹介しています

美しい色見たさにページを開いてしまう「なにをたべてきたの?」

こんにちは。
MRI検査の結果、私の椎間板はがっつり飛び出していて、疑う余地もなくヘルニア診断されたくるみです。

ただ、このぐらい飛び出している方が自然治癒の可能性は高いと言われ、少しほっとしました。

けれども、足の痛みも痺れも続いています。運転できず、にーさんの習い事も送れず不甲斐ない。いつまで続くやら…

それにしても医療技術ってすごいですね。
MRIは磁力で体内を見ることができるし、超音波で胎児を見れるし、レントゲンは放射線で体内を見れる。

今に始まったことではないのだろうけど、すごいことだなぁと改めて感心してしまいました。

ただ、骨とか内臓とかの画像って少し恐いですよね。
この絵本のブタさんみたいにキレイだといいのに。

お腹に灯った美しい色

お腹を空かせたしろぶたくんがフルーツを食べていきます。
1つ食べるごとにしろぶたくんのお腹にはきれいな色が現れます。
まるで灯りがともったようにまあるい美しい色。
食いしんぼのしろぶたくん、何を食べてきたのかな?

最後に食べた物のせいで色がゴロゴロ混ざってマーブルになり、その色がとてもきれいでひめも大喜び。
私もその美しい色に目を奪われました。

何ともとぼけたしろぶたくんの会話も可愛らしく魅力です。

しろぶたくん、最後に何を食べちゃったのでしょう。
読んでみて下さいね。

なにをたべてきたの?

なにをたべてきたの?