3つのたねに絵本の水を

3人の子供たち、にーさん(小4)ひめ(年長)ちび(1歳)に読み聞かせた絵本を紹介しています

夢の中へいーっぽ!「わたしのおへやりょこう」

こんにちは。
家の片付けや年末の諸用で頭がいっぱいで、ブログがなかなか更新できず、上手く切り替えができる人間になりたいと日々思うくるみです。

今年ももうすぐクリスマスですね。
うちは昨日やっとクリスマスツリーを出しました。

ひめのサンタさんへのお願いはリカちゃんハウス。
ひめはお人形遊びが大好きなのです。

その好きさと言ったら、色鉛筆でもお人形遊びをするほど。
「きいろちゃん、早くおいでよ」
「みどりくん、待って待って。ピンクちゃんがまだ来てないのよ。」なんて。

面白いので家事をしながら聞き耳を立ててしまいます。

ひめの頭の中、覗いてみたら、こんな感じでしょうか。

想像力がパスポート。

女の子がお気に入りの帽子をかぶって、お部屋旅行に出かけます。
お菓子のお部屋や水のお部屋。
部屋を移動するごとに違うテーマの世界を楽しめます。

どこかに行かなくても、想像力さえあれば、旅行できてしまう。
そんな子供の想像力を具現化したようなページが続きます。カラフルに描かれたいろいろな物に心が明るくなります。

ひめいわく、「私の夢の中みたい!」
本当かわかりませんが、こんな夢を見ているようです。楽しそう!

子供ながらのルールがあり、帽子が想像力のスイッチの役目をしている所も素敵。
帽子を脱ぐ切り替えの速さに、子供ってこういうところあるよなぁと感心してしまいました。

思えば、私も小さい頃は切り替えが早かったような気がします。
今は考えることが多すぎるのでしょうか…
身軽になりたいです。

ごっこ遊び好きはきっとはまる絵本です。

わたしのおへやりょこう

わたしのおへやりょこう