3つのたねに絵本の水を

3人の子供たち、にーさん(小4)ひめ(年長)ちび(1歳)に読み聞かせた絵本を紹介しています

イースターってなんだろう?「うさぎのだいじなみつけもの」

こんにちは。
ちびがいて病院には行けそうにないので、花粉症の市販薬を買ってきたくるみです。

とうとう花粉症になったと認めてしまった…。
無念です。

花粉症には辛い春ですが、桜咲き、他の植物も芽吹き、動物たちが眠りから目覚め、人々にとっては別れや出会い、始まりの季節。胸踊る季節です。

今日はそんな春の喜びを感じる絵本です。

イースターってなんだろう?

友達が欲しいうさぎはふくろうの話を聞いてうさぎがたくさんいるという「イースター」へ友達を探しにいきます。なかなかみつからないイースター。うさぎは無事イースターに辿り着くことができるでしょうか

友達を探すうさぎくん、途中悪天候にも見舞われ、なかなか見つけられません。いつものようにひめが泣きそうになるかと思いきや、全然平気でした。

なぜならこのうさぎくん、本当のひとりぼっちではないのです。
うさぎくんの近くにはいつもねずみくんの姿が。

この2人のつかず離れずの関係が何だか可愛くて、苦難のページもほのぼのとした空気感なのだと思います。。

優しくて繊細な森の絵もとても温かく、最後に迎えるハッピーエンドも穏やかな喜びに満ち溢れています。

ところで、うさぎの探しているイースターってなんでしょう?
最近日本でも耳にする機会が増えたように思います。詳しくは知らなくても、イベントを示す言葉ということは知っているのではないでしょうか。

何も知らずに場所だと勘違いしてしまったうさぎくん。
そんなうさぎくんのキャラクターも表情もとても愛らしいです。

イースターが何なのかもあとがきで勉強できます。

春が来る今の季節に是非。

うさぎのだいじなみつけもの

うさぎのだいじなみつけもの