3つのたねに絵本の水を

日々思ったこと、子育てエピソードと共に、3人の子供たち(にーさん(小4)ひめ(年長)ちび(2歳))に読み聞かせた絵本を1冊ずつ紹介しています。できる限り2日に1回(だいたい夜に)更新していきます。

古き良き手作業と物々交換「ペレのあたらしいふく」

こんにちは。

ちびが家中の引き出しを開けることを覚え、対応に追われているくるみです。

 

桜が散ったかと思えば、急に夏のような暑さがやってきた数日前。慌てて子供たちの半袖を出しました。

 

季節の変わり目になる度に、子供3人分の衣替えが大仕事で、憂鬱になります。

 

自分の服の衣替えも以前は半日かかっていたのですが、昨年「人生がときめく片付けの魔法」と「フランス人は10着しか服を持たない」を読んで一念発起し、処分した結果、しまい込む洋服がなくなり、衣替えせずに過ごせる快適な生活を手に入れました。

 

この勢いで子供の服も減らしたいのですが、何しろ3人分ですし、どんどんサイズは変わるのにお下がりはとっておきたいのでなかなか処分しづらく、困っています。

 

それにしても世の中には服が溢れています。

 

整理した今でも私のクローゼットにもそこそこ服があるし、小さな子供たちもたくさん持っています。

 

買い物に行くと、回りきれないほどの洋服屋さんがあり、それぞれのお店には所狭しと服が置いてあります。

 

どこでこんなにも布や毛糸や皮が生産されているんだろう。

実際の綿花や麻の植物を見たこともないような私が、こんなに簡単に洋服を手に入れることができていいのだろうか。

 

そんな風に少し違和感をおぼえる昨今。

こんな絵本はどうでしょうか。

新しい服をありがとう

 羊を飼っているペレは、ある日羊の毛を刈りました。その毛を、すき、糸に紡ぎ、染め、織り、仕立て、たくさんの工程を経てようやくペレは新しい服を手にします。

 

 魚が切り身の状態で泳いでいると思っている子供がいる、なんて話もありますが、この文明社会では原形がわかる物の方が少ないのではないでしょうか。

食品だけでなく、プラスチック、金属、布や、陶器、あらゆるものが百均でも手に入れることができますが、それぞれの製造工程を見ることはほとんどありません。

 

この絵本では、ウール素材の洋服ができるまでの工程を知ることができます。

描かれているのは全て手作業です。

おそらく今ではほとんど機械化されている工程を人の手で行っているのです。

 

人の手で作り上げられていく様子に、物のありがたみを感じずにはいられません。

 

もう1つ、この絵本で素敵だと思うことは物々交換。

ペレは工程の1つ1つを家族や近所の大人にお願いしますが、子供だからといって、ただでやってもらっているわけではないのです。

サービスとサービスですが、ペレはお願いと引き換えに頼まれた仕事をします。いわゆる物々交換です。妹のお世話だったり、薪を運ぶ仕事だったり。

 

何かをもらうために自分のできることをする。

社会との関わりのシンプルな構造がよくわかります。

 

最後の羊さんとのやりとりも心温まります。

ペレはこの洋服をとても大事するんだろうなぁ。

 

子供たちは終始じーっと聞いていました。

何を感じたのでしょうか。

 

分業化、工業化が進み、物が溢れ、社会との関わりの意味を見失いがちな現代で、子供たちの心に温かい何かが残っていたら嬉しいです。

 

青い表紙と新しい青い服が印象的な絵本です。

ペレのあたらしいふく (世界傑作絵本シリーズ)

ペレのあたらしいふく (世界傑作絵本シリーズ)