3つのたねに絵本の水を

3人の子供たち、にーさん(小4)ひめ(年長)ちび(1歳)に読み聞かせた絵本を紹介しています

父の日におすすめの絵本「ぼくとおとうさん」

こんにちは。

ちびがお昼寝をするのに添い寝で寝かしつけしているのですが、体力がついてきたのか最近はなかなか寝てくれません。

今日も早く寝てくれー、とイラっとしていたところ、ちびがそーっと近くに寄ってきて、耳元でささやくように「あーそーぼ」と言うので、思わず笑ってしまったくるみです。

 

さて、日曜日は父の日ですね。

日頃働いてくれるお父さんに感謝を伝える日です。

 

家事や子育ても大変ではありますが、雨の日も雪の日も暑い日も寒い日も出かけていき、電車に揺られ、働いてくること、そして、簡単には辞められない責任の下で働くということ、なかなかしんどいことです。

それを担ってくれるお父さん、ありがとう。

子供たちと一緒に夫に感謝を伝えたいと思います。

 

今日は、数あるお父さんの絵本から1冊。

くまの父子のほのぼのとした会話が温かい絵本です。

 

どうしてぼくのおとうさんなの?

くまの父子が並んで釣りをしています。おとうさんはどうしてぼくのおとうさんなの?というこぐまの質問に答えるおとうさんぐま。のんびりとした会話の中にキラリと光る親子の絆を掬いとってゆっくり眺めていたい絵本です。

 

クマのとぼけた表情やのんびりした相槌、そして釣りをしているということも手伝って、のどかで穏やかな時間が漂っています。ゆったりと読める絵本です。

 

物語は2頭の会話で進んでいきます。

 

とても大切な絆を語っているのに、なんとなくとぼけた2頭。

この空気は男同士だからこそ演出できる気がします。

 

お父さんがお父さんなのは…?

 

血の繋がりだけではない、共有した時間の積み重ねを感じ、私はじわじわと感動して泣けてきました。

 

と言いつつも、個人的には2頭の後ろ姿にぐっときました。

絶壁の頭の夫とそっくりそのままの頭をした息子が並んでいる様子を連想し、くすりと笑いなんだか泣けました。

 

血の繋がりはなくてもいいとは思いつつも、やっぱり愛を感じる要素の1つではあるよなぁと思うのです。

 

 血の繋がり、一緒に過ごした時間。

どちらが欠けてても、お互いを大切だと想えればそれでいい。

今、一緒にいる時間を心に刻もう。

 

そんなことを思える絵本です。 

 

途中で、こぐまがお母さんの作ってくれたホットケーキを想うシーンがあるのですが、にーさんは、「こぐまが想っているのはお母さんのことだからお父さんはがっかりしちゃったよね。」と言っていました。

 

にーさんはそんなことを考えるのかと感心して「そうかもしれないね」と頷きつつも、私が思ったのはそれは父子あるあるなのではないか、ということです。

 

たぶんお父さんグマもがっかりはしてないと思います。

男の子はなんだかんだお母さんが大好きです。

それはお父さんには百も承知のこと。

だって自分もそうだった(もしくは今でもそうだ)から。

息子が自分よりお母さん が好きなことなんて、もちろん知っているのです。

 

私は、一緒に思い出すホットケーキが2頭のお母さんに対する愛の象徴のような気がして、素敵だなぁと思いました。

 

男同士の親子の絵本ですが、ひめも「楽しかった〜」(まだまだ語彙が少ない…)と喜んでいました。

 

 

 父の日にぜひ。

ぼくとおとうさん くもんの絵童話シリーズ

ぼくとおとうさん くもんの絵童話シリーズ

 

 

だいすきを伝えるリレー「ゆうびんやさんおねがいね」

こんにちは。

首の後ろに汗疹ができているのに、髪を結んでもすぐゴムをとってしまうちび。

思い切って髪を切ってしまったところ、ますます男の子に見えてしまい、失敗だったかも、と凹んでいるくるみです。

 

さて、みなさんは日頃お手紙書くことがありますか?

 

私は字を書くのがわりと好きなのでお手紙も嫌いじゃないですが、デジタル時代の今では、書く機会はほとんどありません。

 

ひめはお手紙交換大好きで、せっせとお手紙を書いては幼稚園に持っていっています。

少し前までは「○○ちゃんだいすき」というド直球に対して、返ってくるお手紙も「○○ちゃん(ひめ)だいすき」でした。

それが最近では「どんなたべものがすき?わたしはみかんだよ」などとなり、成長を感じます。

  

私も学生時代は友達とお手紙交換したり、授業中に先生に見つかるのではないかとスリルを味わいながら手紙を書いて回したり(真面目に聞きなさい!)、たくさん思い出があります。

 

スマホの普及した今はもう、女子高生はそんなことはしないのでしょうか。どうなんですかね。

  

お手紙の良いところの1つは、選んだ便箋や書いた字そのものが届くことだと思います。消しゴムで消した跡も、クセのある字も斜めに貼られた切手もそのまま届きます。

 

そして、デメリットでもありながら、味わい深いのは、タイムラグがあること。

すぐに届かないことが待つ楽しみや届いた時の喜びを増大させます。

 

 ドローンが運んでくる未来はさておき、現実では人の手によってポストに入れられるお手紙。

たくさんの人の手を経て遠くからやってくるのです。

 

 今日はそんなお手紙にまつわるお話。

 

毎日ひとつひとつが特別な仕事 

 

遠くに住んでいるおばあちゃんのために、コブタくんの思いついたプレゼントは、ゆうびんやさん達にとっても初めての贈り物。たくさんの動物たちの登場が楽しく、心温まる絵本です。

 

 子供の無邪気なお願いをお茶目な大人が叶えてあげ、結果的に大人が幸せになれちゃうというお話。

 

ありがちですが、やっぱり心温まります。

私は動物たちの表情が幸せそうで好きでした。

 

コブタくんへのお手紙を受け取ったおばあちゃんのお返事は……

にーさんは、「おばあちゃんの返事はヤバい。気持ち悪い」と顔をしかめていました。

小学生らしい反応です。

 

実際の世界ではこのまま実践するとセクハラ問題になりますが、感謝を伝えたり愛情を伝えることで人は幸せになるということが改めてわかる絵本てす。

 

毎日淡々とこなしている自分の仕事が、誰かの気持ちを他の誰かに届けている特別なものなのだという自覚と喜び。

それに気付くこともできる1冊てす。

 

これは様々なお仕事に携わる人に共感される想いではないでしょうか。

 

ゆうびんやさんおねがいね

ゆうびんやさんおねがいね

 

 

親子の触れ合いの温かさを感じられる絵本 「どうぶつのおやこ」

こんにちは。

乱暴者のちび。上の2人にパンチをして困ります。パンチをしながら叫ぶ「だーちーぶー!」がどうやら「アンパンチ」のことだとわかり、愛と勇気のアンパンマンにも悪影響を及ぼす例があることを知ったくるみです。

 

先月、幼稚園の遠足があり、ひめは多摩動物公園に行ってきました。

本物のクマやゾウなどを見てとても楽しかったようです。

レッサーパンダが可愛かった!」「オウムが喋ったよ!」「テテナガザルが面白いポーズしてた!」興奮して話すひめ。

 

テテナガザル…?

「て」多くない?

と思っていたら、シロテテナガザルという猿だったようです。

 

楽しかったんだなぁ、と思っていたけれど、それもそのはず、もう随分と動物園に連れて行ってあげていませんでした。

 

最後に行ったのは幼稚園に入る前。

たぶん記憶にないですよね…

 

ということは…ちびは一度も行ったことがないということですね。

1人目は物心つく前からあっちこっち連れて行ってあげたのにね。3人目、ドンマイ。

 

そんなちびには、絵本で行った気分になってもらいましょう (笑)

 

種に関わりなく共通する親子の触れ合いの温かさ

 イヌ、サル、クマ、キリン…それぞれの動物が親子で戯れている様子が描かれています。背景はなく、説明もない絵だけの絵本です。絵とは思えないほどの毛並みや表情に心奪われます。

 

1966年に発行された絵本です。

長い間読み継がれてきたのですね。

 

繊細なタッチでリアルに動物が描かれていて、背景がないことで、より動物だけを集中して眺められます。

 

べったりと抱きついているニホンザルの子、立っているクマの子、やっぱり首が長いキリンの子に、鼻を絡ませるゾウの子。

どの動物も動きを捕えた瞬間の絵で、見ていて飽きることがありません。

 

毛の1本1本描かれていて、とてもリアルなのですが、写真とは違った温かみがあります。

 

 この温かみ、手描きのせいだけでなく、やはり親子ということからも感じるのだと思います。

 

甘える子に守る親。

子供の無邪気さと親のどっしりと頼もしい感じ。

どの動物のページからも伝わってきます。

 

ちびは「ワンワン!」「ぞうさん!」と知ってる動物を大声で連呼していました。

近いうちに本物も見せてあげたいな。

 

どうぶつのおやこ (福音館あかちゃんの絵本)

どうぶつのおやこ (福音館あかちゃんの絵本)

 

 

リスと一緒に勘違いしちゃった「リスとお月さま」

こんにちは。

ママ友に「年々ランドセルの購入時期は早くなってるらしいよ」と聞き、そろそろ見に行かなきゃと思っていたら、どこに行っても欲しい色のランドセルが売り切れているという夢を見て焦ったくるみです。

 

さて。突然ですが、チーズは好きですか?

私は子供の頃から大好きで、大人になった今は、ブルーチーズが好きです。

 

子供たちはというと、ひめは大好きで、油っぽいものが苦手なにーさんはあまり好きではないのですが「さけるチーズ」だけはなぜか食べます。

ちびは気分次第で食べたり食べなかったり。(最近むらがあって困ります)

 

そんなチーズですが、子供たちは加工包装されている物しか見たことがありません。

 

チーズの製造風景と言われると私は、円盤型というのでしょうか、カーリングのストーンのような形の黄色い塊が熟成室のようなところに整然と並べられている様子を思い浮かべます。

けれど、そんな風に作っているところを実際には見たことがありません。

 

チーズをよく食べるヨーロッパの国々では、チーズの大きな塊というものは子供にもおなじみなのかもしれません。(どうなんでしょう?)

日本でもデパートのチーズ専門店などでは大きなチーズを目にできますね。

が、うちの子はそんな大きな塊がチーズだと想像にも及ばなかったらしく…

 

今日は知らないと違う見方になるということがわかったこの絵本です。

 

もう一回読んでみよっか

あるあさ、リスはびっくりして目をさましました。お月さまがリスのいえにおっこちてきたからです。リスはお月さまを盗もうとしたと疑われることを恐れ、全力でお月さまをどこかへやろうとします。すると、お月さまはハリネズミの背中に刺さり…

 

リスの困って焦る表情とチーズをどかそうと奔走する必死さ、牢屋に入る想像のシュールな絵。

可愛く、可笑しくてたまらないです。

 

だって、リスがお月さまだと思い込んでいるもの、それはゴロゴロと台車から落ちてしまったチーズだったからです。

 

この黄色い丸いものがチーズだと言うことは、表紙裏から始まる見開き3ページの展開でわかります。

 

が、このページには説明もなく、途中で題名も出てくるので、ついつい読み飛ばしてしまいます。(この部分は直接内容と関係ない絵本が多いので)

さらに子供たち、黄色い丸=チーズの発想がないので、なおのこと気に留めず通過してしまいました。

 

とりあえず、私も説明することはしませんでした。

 

そして話は始まり、子供たちはリスと同じ目線で本当にお月さまなのかもと思いながら物語は進んでいきます。

 

物語を正確に把握できていないながらも、ヤギとネズミが出てくるページでは大爆笑でした。

ヤギの表情と間の抜けた状況が大人でもクスクス笑ってしまうシーンです。

 

ここではお月さまだと信じていた黄色い塊がネズミに食べられてしまうのですが、ネズミ=チーズ好きの知識がないために、ここでもチーズとは思わず通過です。

 

最後まで、本当にお月さまだったのかな…それにしては小さいし、食べられるのか?と思ったまま終了。

そして、最後のページの2人を見て「誰?」と。(最初の3ページで出てきた人が出てくるのです。)

 

なので、最初に戻り、種明かし。

チーズの画像なんかも見せて、もう一度ペラペラっと読んでみました。

チーズとわかるとリスの慌てぶりの滑稽さが一層際立って楽しめます。

 

この絵本、状況判断力が必要なので、対象年齢は高めかもしれません。

にーさんの方が笑っていたように思います。

 

個人的に私はとても好きでした。シュールな牢屋のシーンと動物たちの表情みたさに何度も読んでしまいました。

大人も楽しい絵本だと思います。 

リスとお月さま

リスとお月さま

 

 

小学生男子ウケ間違えなし!お食事中は読まないで!「うんちをしたのはだれよ」

3人育児はワンオペだと、1人でも体調を崩すと一気にキャパオーバーになることを痛感したくるみです。

ちびが風邪でダウンし、夜中何度も起きて睡眠時間が削られたままお弁当作りに宿題丸付け。ほんとにきつかった…

 

さて、にーさんの行っている小学校では、PTA主催で読み聞かせの会があります。

絵本を選んで、生徒の前で読み聞かせをします。

参加したいと思いつつ、下の子を連れて行かなければならないことに怯んでまだ参加できていませんが、いつか参加したら何を選ぼうかと妄想しています。

 

何でも素直に受け止め、まだまだ純粋な幼稚園児と比べて、カッコつけたり、茶化したり、だんだんませてくる小学生。

そんな子供たちに、喜んで聞いてもらえる絵本って何だろう…

 

複雑な感情もわかるようになったからこそ感動できる、友情や命の大切さを感じる本などもありそうですが、小学生男子ウケを狙うならこれ。

楽しんでもらえること、間違いなしです。

 

 もぐらくん、頭に乗せたままでいいの?

 

 ある日、もぐらくんにとんでもない事件が起きました。もぐらくんの頭の上にうんちが落ちてきたのです。怒ったもぐらくんは、犯人探捜しの聞き込みを始めます。ハト、ウマ、ウサギ、ヤギ、ウシ、ブタ……犯人はいったい??

 

うんちを頭に乗せたまま犯人を捜すもぐらくん。

もうそれだけで子供たちの心を鷲掴みです。

そして、犯人と疑われた動物たちが、「ぼくならこうするよ」と犯人ではない証拠として披露するうんち。

うんちのオンパレードです。

 

ラストまで楽しいオチで、にーさんもひめも大満足の絵本でした。

 

うんちは動物にとって大切な生理現象です。

動物 それぞれで特徴があることも学べ、勉強にもなるかも?

 

男子の読み聞かせに悩んだら、迷わずこれを。 

うんち したのは だれよ!

うんち したのは だれよ!

 

 

絵がカワイイ!?「かようびのよる」

こんにちは。

ユニクロのセールでつい散財してしまうくるみです。

 

今は夜です。

専業主婦になってからというもの、夜に外に出ることがほとんどなくなりました。

働いていた頃は残業も多く、夜に1人で歩くことを何とも思わなかったのですが、最近は夜外に出るとドキドキします。

まるで子供に戻ったようです。

 

思えば、子供の私にとって、夜の時間は、昼とは全く別の顔を持った未知なる存在でした。

永遠とも思えるほど長く、暗く、静かで、怖がりだった私は夜中に目覚めると怖くて仕方ありませんでした。そのくせ、眠れなくなることもなくストンとまた眠りに落ちたのも子供だったからでしょう。

 

大きくなり、初めて徹夜した日のあっけない感じは忘れられません。

なんだ、夜も同じただの数時間なんだ、と。

 

それはさておき。今日はある夜のお話。

私がのうのうと子供と一緒に寝ている間に、何か起こっているかも?

不思議な一夜を抜群の描写で描いた絵本です。

 

惹き込まれる世界観

「かようび、よる8時ごろ…」夜食中の人、ソファでうたた寝してしまった人、カラスや犬などの生き物の周りで起きる不思議な現象に心奪われること間違い無しの1冊です。

 

表紙の絵といい、題名が出てくる前の3コマカエルの絵といい、始めから圧倒的な世界観に惹き込まれます。

文は時間を告げているだけ。

 

不思議な一夜の現象を芸術的なカメラワークとリアルな描写で表していて、まるで映画を見ている気分になります。

表紙の絵の時計台の角度も絶妙で、開く前から只者ではないぞという匂いがします。

 

想像力を掻き立てるラストも圧巻です。

 

カエルやカラスの表情は、正直少しグロテスクに感じたので、ひめにはどうかと思ったのですが、本人は「絵がカワイイ」と。

 

カワイイ??

それはないでしょ。と思っていたのですが、よくよく聞いてみると、きれい、素敵、リアル、迫力ある、などの褒め言葉のボキャブラリーが少ないひめには「カワイイ」が褒め言葉の総称のようです。

 

言語というものは習得していくことで細分化したものを表現できるのですね。

私も英語だったらナイスとかクールとかしか言えない…まあ日本語でも単調になりがちですが…

言葉の深さについても考えさせられました。

 

きっと一度読んだら忘れられない本になります。ぜひ。

かようびのよる

かようびのよる

 

 

口角上げていこう!「かおかおどんなかお」

こんにちは。

我が家に集合してゲームをしながら騒いでいた小4男子軍団に「うるさーい!」と一喝した1歳児(ちび)に笑ってしまったくるみです。

  

さて、私は常々不思議に思うことがあるのですが、それは、付いているパーツの種類は同じなのに、人の顔はどうしてこんなにみんな違って見えて、それを識別できるんだろう、ということです。

(だんだんと若い俳優さんの区別が怪しくなってはいますが(苦笑))

みなさんは不思議に思ったことはありませんか?

 

乳幼児も半年ほどすれば家族を識別できます。

 

人の脳は、三角に並ぶ3つの点を人の顔と認識するらしく、シミュラクラ現象というそうです。

心霊写真などがその例で3つの点さえあれば、人の顔に見えてしまうわけです。

 

本能で顔を認識する能力は高く備わっているということです。

 

さらに、人は笑ったり、怒ったり、悲しんだり、その表情を読み取り、真似することもできます。

 

目は口ほどに物を言うなどとも言いますが、表情を読み取ることが、他の人との繋がりある社会の中で生きていく人間にとって、重要であるコミュニケーションの質の確保につながっているのですね。

 

人間から見てほとんど同じに見える動物たちの顔も、その動物自身は家族などを視覚で識別できているのかなぁ。 

 

なんて、顔について考えるとたくさん浮かんできますが、今日は赤ちゃんも楽しい顔の絵本です。

 

できれば笑っていたいな 

顔には目が2つ。鼻は1つ。口も1つ。…楽しい顔、眠った顔、からい顔。ページいっぱいに描かれるシンプルな顔の絵に赤ちゃんも夢中になっちゃう絵本です。

 

たくさんの顔はそれぞれ輪郭や顔色も違い、めくるのが楽しい絵本です。

 

子どもたちはいつも私の表情にとても敏感です。

普段私が怒りすぎているせいか(汗)、特に怒った表情にはアンテナを立てていて、すぐに「おれ何かした?」「なんで怒ってるの?」と聞いてきます。

 

疲れている時の顔と怒っている顔が同じらしく、疲れている時も聞いてきます。

できればいつも口角上げて「いい顔」していたいなぁ。

 

大きい子には字を隠してどんな顔か想像してみても楽しいかも。 

かお かお どんなかお

かお かお どんなかお