3つのたねに絵本の水を

日々思ったこと、子育てエピソードと共に、3人の子供たち(にーさん(小5)ひめ(小1)ちび(3歳))に読み聞かせた絵本を1冊ずつ紹介しています。週3回更新目標。

イライラは人の損ならず「ぶん ぶん ぶるるん」

こんにちは。

風邪をきっかけに、また体調不良が続いてしまったくるみです。

 

身体の調子が悪いと、なかなかブログが更新できません。

調子に左右されずに出力できる人になりたいです。

誰かコツを教えて下さい。

(ただただ根性が足りないのか…?)

 

そんな私にも主婦の仕事は容赦なく降りかかってきます。

ウォーキングして帰ってきたら、洗濯機を回し、朝ご飯の用意、早起きのちびのお世話と、休日も寝てはいられません。

 

先週の日曜日。

朝の仕事を終えて、ちょっと休憩、お茶を飲んでいたとき。

ひめに、「なんで何もしてないの?パパは働いてるよ〜」と言われました。

 

確かにその時夫は息子の習い事の雑事をしてくれていたのですが、いやいや、待ってよ、ママは朝早く起きて結構働いたんだよ…と訴えながらなんだか泣きたくなってしまいました。

何気なく悪気もない無邪気な子どもの発言。

だからこそ垣間見えた本音。

 

主婦の仕事って全然働いてるように見えないのだろうか?

 

それから、なんだかイライラ。

認めてもらえていないイライラ。

 

もやもや、イライラが消えず、八つ当たり先はもちろん夫(苦笑)。

置かれたままのゴミについて、必要以上に嫌な口調で、

「すぐに捨ててよ、いつもこうやって置きっぱなしにして誰が捨てると思ってるの!」と。

 

言われた夫もイライラ。

夫の八つ当たり先は息子。  

 ひめをからかって泣かせるにーさんに、

「やめろって言ってるだろ!」と。

 

言われたにーさんもイライラ。

余計にひめをいじめます。

 

そして、ひめも…

 

ああ、私のイライラがみんなに伝染してしまった…反省。

そんな我が家のようなストーリーの絵本があるので、今日はその絵本を紹介します。

 

イライラは消えない

蜜蜂がやってきて雄牛を刺した。刺された雄牛は驚いて跳ね回り、そのせいで雌牛はご機嫌斜め。農家のおばさんを蹴飛ばした。蹴られたおばさんはおじさんにがみがみ八つ当たり。イライラはどんどん感染して終わらない。最後には…!テンポ良く読める文とどんどん進む場面が楽しい絵本です。

 

蜜蜂が、ぶん ぶん ぶるるんと飛んできて、雄牛を刺します。

 

そこから全ては始まります。

驚き、イライラ、暴力はどんどん周囲に伝染していきます。

 

ほうらおばさんおこったぞ。 おうちでがみがみやつあたり。 

などと、文章のリズムが良く、スーパーマリオのように右にどんどんスクロールして場面が変わるような展開はとても読みやすく、子どもにもわかりやすく楽しめます。

動物たちの怒ってる表情も面白く、イライラって客観的に見るとわりに滑稽だなぁと思ったりしました。

 

そうそう、このストーリーはまさに日曜日の我が家。

イライラは伝染していくのです。

どこにも消化されないイライラは、またまた回ってくると想像できるストーリーが秀逸です。

 

イライラを初めに発信してしまうことが多い私ですが、そんなことしてるといずれは自分に返ってくるぞ、ということです。

発信しないのはもちろん、できれば自分のところで止められるくらいの大きな器を持ちたいものです。

 

…と短気の私は、情けは人のためならず。的な教訓を受け取りましたが、そんな真面目な解釈など抜きで、リズミカルで楽しく、エンドレスなストーリーに何度も読んで楽しめる絵本です。

みなさんも是非。

ぶん ぶん ぶるるん (ほるぷ海外秀作絵本)

ぶん ぶん ぶるるん (ほるぷ海外秀作絵本)

 

 

誘惑と闘え!「どうするジョージ!」

こんにちは。

「『大丈夫?』って聞かれて『大丈夫じゃない』って答えるのはお母さんだけだよ」とにーさんに言われて苦笑した、すぐ弱音を吐いてしまうくるみです。

 

日曜日のこと。

昼ごはんの片付けも終わり、にーさんは1人でゲーム、夫が娘2人と図書館に行ってくれて、これはチャンス!やりたいことが出来る!

溜まっている読書、ほぼ日手帳の記入、ブログ更新、作り途中の手芸、やりたいことは山ほどあって、今こそやる時!

 

でも…

 

なんだかだるいし、眠いなぁ。

誰にも邪魔されず昼寝ができるチャンスでもあるな。

いやいや、今寝ると夜も眠れなくなって明日の朝早起きできないぞ。

それにせっかくの貴重な自由時間を有意義に使わないと。

でも、たまには昼寝ぐらいしてもいいよね、と言い訳をしてソファにごろり。

誘惑に負けてしまったのでした。

 

そんな感じで誘惑に負けてしまうことってたくさんあります。

ダイエット、勉強、片付け…を邪魔する誘惑たち。

寒くなってきた今は、早起きなんかも温かい布団の誘惑との闘いです。

 

今日の絵本は誘惑と闘う犬のお話です。

いつだっていいこでいたい

出掛けるハリスに「いいこにしていられるかい?」と聞かれ、「もちろん」と答えた犬のジョージ。そんなジョージの目の前に、ケーキ、ねこ、花。次々と誘惑が…。どうするジョージ!ジョージの動向に夢中になれる絵本です。

 

ぼくは いつでも いいこだよ。

いいこじゃなかったことなんて あったかな

 

という自信満々のジョージ。

そんなに自信あるなら、勝手にケーキ食べないよね?

ねこも追いかけないよね?

花の根っこ掘ったりもしないよね?

誘惑が現れる度、表紙と同じジョージのアップに

 

どうするジョージ!

 

の文句。問われるジョージの何とも言えない困ったようなとぼけた表情が良いです。

最初は驚き、次は薄々予想でき、最後には確信してめくるページはどれも楽しく、子どもたちは「えー!」「やっぱりー!」といい反応で聞いていました。

 

そして物語の最後はゴミ箱見つけたジョージに「どうするジョージ!」と問いかけて終わります。

それぞれが想像できる余白を与えてくれています。

ジョージどうしたかなぁ?

ひめは「ジョージはひっくり返しちゃったと思うな」と言っていました。

私もそう思いました(笑)

みなさんも読んで想像してみて下さい。

 

いいこでいたい。でもやりたいこともやりたい。

そんなジョージの姿に、子育て中の方は子どもを重ねてみるかもしれません。

 

やりたい放題に見える子どもだって、親を喜ばせるようないい子でいたいのが本当の気持ちなのでは?

でも、求められることが楽しいことというわけではないから、どうしても誘惑が勝っちゃう。

 

 

大人だって誘惑に負けちゃうんだもん。

子どもだって、犬だって。

 

裏表紙でジョージを抱きしめるハリス。

そう、いいこだっていいこじゃなくたって大切な存在であることは変わりません。

(まあ、できれば家はめちゃくちゃにされたくないけど…(笑))

 

絵は朱色や紫が多めの色遣いで、おしゃれなイラストのようです。

 

子供たちは、緑の顔の小さなハリスが飼い主に見えなかったようで、「これは誰?ネズミ?」と聞いていました。

確かにちょっと人間には見えないかも。

でも、そこはおしゃれなテイストに免じて目をつぶりましょう。

グッズなど作ったら人気が出そうな可愛い絵です。

 

みなさんもぜひ!

どうするジョージ!

どうするジョージ!

 

 

白菜の花、見たことありますか?「ちいさなはくさい」

こんにちは。

気温差に翻弄されるくるみです。

 

昨日はとても暖かかったですが、今週末は冷え込むそうで、いよいよ、冷え性の私には厳しい季節の到来です。

年々温かいものが心から美味しく感じられます。

中でもここ数年、愛するのはお鍋料理です。

なんたって温かい。そして、簡単。野菜いっぱい。献立に迷わないですむ。

水炊き、キムチ鍋、坦々鍋、いろんな味を選べば飽きることもありません。

 

そんな私も子どもの頃は、お鍋が好きではありませんでした。

くたくたの野菜を柑橘系の匂いがする醤油(ポン酢)で頂く、なんだか地味な魅力のない食べ物。

ただ、最後の美味しい雑炊のためだけに頑張って食べる、という食べ物でした。

 

我が家の子供たちはお鍋が大好きです。

というのも、〆の中華麺を最初から投入し、もはやラーメンだから。

ラーメンの勢いで嫌いな野菜も少しは食べてくれます。

 

お鍋と言えば、白菜。この時期美味しくなりますよね。

年を追うごとに好きになっている野菜の1つです。

乾燥してカサカサの体に、茎のみずみずしさが沁み渡る気がします。

 

ところで、白菜のお花、見たことありますか?

私は…ありません。

ちょっと待って、キャベツ、ホウレンソウ、小松菜…

葉物野菜の花を私は見たことがないかもしれません。

 

そんな驚きの事実に気付かされた絵本を紹介します。

 

食べられる部分しか知らない…

丘の上にぽつんと立っている柿の木とそばにある畑。今年の畑には白菜が植えられました。だんだん大きくなる白菜の中、少し外れた所に小さな白菜が1つ。柿の木が見守る下で、収穫されず残された小さな白菜は…。季節の移ろいとともに野菜が育っていく様を観察できる絵本です。

 

周りの白菜より少し小さい白菜は、小さいが故に収穫されずに冬を越し、春を迎えます。

そばの柿の木が白菜の知らないことを優しく教えてあげる様子が温かいです。

また、収穫されることが白菜の悲劇として描かれているわけでもなく、農家の男性の優しい姿が印象的で、日本のどこかでこんな場面が本当にあるといいなと思わせてくれる物語です。

 

日頃、スーパーでたくさんの野菜を見ると、これだけたくさんの野菜が誰かの手で土から育てられたことに圧倒させられます。

まだみずみずしく、色鮮やかな野菜たち。

 

自分の手を汚すことなく、たくさんの野菜を食べることができて、本当にありがたいです。

 

その気持ちを胸に、感謝して大切に食べなくては!

例えば大根の葉をたべたり皮をきんぴらにしたり、ブロッコリの芯やキャベツの外葉まで使って料理をしたり。

今までは、そんな風に全てを無駄にせずに食べることが野菜の命を全うさせてあげることだと思っていました。

 

でも、植物としての野菜の命は本当はその先もあるのですよね。

 

白菜は収穫しなければ春に花を咲かせる。

多分他の野菜も。 

 

人は植物の食べやすい部分、好む部分を時期を見て収穫しているだけで、根や葉っぱ、花、茎、実をそれぞれが持っているんだよなぁ。

と欠けていた視点に気付かされました。

 

ひめも「白菜って花が咲くんだね」と言い、同じくらいの温度で、「ほんとだねぇ」と返したのでした。

 

切り身が泳いでると思っている子がいる、という話を、全然笑えないなぁと思った私です。

 

今日もそんな白菜をスープにたっぷり入れました。

白菜さん、花咲かせることできなくてごめんね。

感謝して、美味しくいただきます!

ちいさなはくさい (にじいろえほん)

ちいさなはくさい (にじいろえほん)

 

 

心を元気にするには?「心ってどこにあるのでしょう?」

こんにちは。

早朝に布団から出るのが辛くなってきたくるみです。寒くなりましたね。

 

言おうと思った言葉を思い出せないとき、「この辺まで出てきてるのに」と喉あたりを指すこと、ありませんか?

頭の中で考えているのだから、声とは関係ないはずなのに。

 

ひめと話しているとその辺の感覚について面白いな、と思うことがよくあります。

ひめは頭の中に袋のようにいろいろが入っているイメージらしく、

「ちょっと待って。今ここ(頭)に探しにいくから。」(何かを思い出すとき)

「楽しい思い出がここ(頭)にきて、眠いのがぴゅってどっかに行っちゃった」(過去の話で盛り上がって眠気が飛んだとき)

などと頭を指さして言います。

 

手が冷たいものを触った時、冷たいのは手。冷たいと思うのは頭。「冷たい」というのは口。

そして、冷たいのは嫌だなぁとか、冷たくて気持ちいいと思うのは…こころ?

 

心って何?どこにあるのでしょう?

 

心はどこにあるのでしょう?

心ってどこにあると思う?胸かな…?好きな人の前だったり恥ずかしくなったりすると赤くなるのはどこ?嫌なことがあると痛くなるのは?いったい心ってどこにあるんだろう?可愛い動物たちも登場して親しみやすく、優しい言葉で身近な不思議を考えられる絵本です。

 

心を思うとき、心臓あたりを思い浮かべる人が多いと思います。

心臓の「しん」は心だし。

ドキドキしたり、バクバクしたり、体の真ん中にある大事な特別な場所という感じ。

 

でも、改めて考えてみると不思議です。

嬉しくて変化があるのは鼓動だけじゃありません。

ほっぺが赤くなったり、顔はにこにこ、頭の中はスッキリ。

悲しかったり辛いと、お腹が痛くなったり、涙が出たり。

 

動物たちだって,しっぽを振ったり、鼻をぴくぴく動かしたり、耳を垂らしたり。

 

たしかになぁ。心って胸にあるわけじゃないのかも。

この絵本を読んでいるとそんな気になってきます。

 

ひめは、読んでいる間中「何言ってるの、心はここにあるんだよね〜」と言って胸に手を当てていました。

頑なに信じて疑っていない様子でした。

どうしてだろう…

 

私は、というと、前述の通り、なんだか心のイメージが揺らいできたのでした。

心臓が体中張り巡らされている血管で身体と繋がっているように、心も胸にあって、身体とコードで繋がっているイメージだったのです。

胸に主電源があって、切れたら全部が暗くなるという感じ。

 

でも、心は身体中いろいろなところに単独に複数存在しているのかもしれません。

主電源などなく、カチっと付ければ1ヶ所だけ付けることができるランタンのような明かり。

 

そう思って、ふいに腑に落ちたことがありました。

 

今までずっと、落ち込んでいる人を元気付けようとするとき、もしくは自分がひどく落ち込んだとき、心の深いところに届くことをしなければと思っていました。主電源をつけなければ、と。

 

心に届くこと、とは、癒される音楽だったり、温かい言葉だったり、見守る姿勢だったり、きっと目に見えない、形のない何か。

誠心誠意尽くせば主電源に手が届くはず。

 

そして、度々失敗しては自分の無力さに落ち込んでいました。

 

心に届くなんて難し過ぎるのです。

真っ暗な家の中に入って、いくつもの部屋を通って主電源を付けに行くのなんて、困難です。

 

そうではなくて、とにかく、どこかの部屋を明るくすることがいい方法なのかもしれません。

 

無理やりにでも笑うと楽しくなる、という理論に、そんなのその場凌ぎじゃないかと懐疑的だったのですが、心がいろいろなところにあるというイメージを持つとすんなり納得、腑に落ちたのです。

 

根本の改善がなされてなくても、1ヶ所明かりが付くだけで元気になることってあるかもしれない。

むしろ、それはとても実践的で、最善の方法ではないでしょうか。

 

入り口から1番近い部屋に入ってカチっと、スイッチを入れるだけ。

その部屋は確実に明るくなるし、部屋の明かりが洩れて、隣の部屋も、奥の部屋も明るくなるかもしれない。

 

楽しくて笑うように、笑えば楽しくなる。

嬉しくって抱き合うように、抱き合えば嬉しくなる。

ご機嫌で鼻歌を歌うように、鼻歌を歌えばご機嫌になる。

安堵のため息のように、深く息をすれば安心する。

 

そういえば、にーさんが不安定なとき、1日1回抱きしめることで落ち着いたことがありました。

 

絵本から少し離れた話になり恐縮ですが、個人的にはっとした発見だったので記録しておきます。

 

みなさんもぜひ。心について何か新しい発見ができるかも!?

心ってどこにあるのでしょう?
 

 

こりんもきのみくんも可愛い「ありんここりん」

こんにちは。

週末に今シーズン初めてのお鍋をしました。

これからの週末はお鍋。献立に困る必要のない季節の到来に歓喜するくるみです。

 

 1年生の生活で昆虫について調べる授業があり、ひめはチョウの班になり、チョウについて調べました。

そこから、苦手だった虫が少し好きになったひめは、休日になって「虫採りに行こうよ」と言い始めました。

虫が苦手な私は飼うのは絶対にいやっ、と思い、「採って飼うの?」と聞くと、「オオカマキリにあげるの」と…

クラスでオオカマキリを飼っていて、生きている虫…バッタなどを捕まえてえさとしてあげるらしいのです。

 

バッタが食べられるのを観察するのね…

バッタ、調べていた子もいたよね…

 

1年生にして学ぶ自然界の厳しさ。

弱肉強食の食物連鎖

 

ひめも全くバッタに感情移入していないようで、少し衝撃を受けました。

(バッタ可愛い、って言ってなかったっけ?)

 

さて、今日は身近な虫である、ありの可愛いお話です。

 

どんぐりの帽子を見つけにありの巣へ

ビスケットを見つけてウキウキのありんここりんが出会ったのは、しょんぼりしているきのみくん。穴に落ちた帽子を一緒に探してあげることにしたこりんでしたが…。小さい子にもわかりやすい可愛いお話です。

 

帽子をかぶったシルエットの真っ黒なあり。

表紙にもいるこの主人公のこりんが、シンプルな絵なのになんとも可愛いのです。

そして、あとから登場する棒手足のきのみくんもとても可愛い。

困り顔も「ぼくのあたまはつるんつるん。はずかしいよ。」というセリフも可愛い。

(語彙力足りず、「可愛い」と連呼していますが…(汗))

 

そんな2人が迷路のようなありの巣の中を帽子を探しに行くお話です。

ありの巣の中を覗けた気分になり、帽子はどこにあるのかな、と夢中になれるストーリーも楽しく、子供たちは夢中でした。

 

最後に、「さあ、またおやつさがしだ。」と顔を出すこりんがまた可愛いな(しつこい…笑)と思っていたら、その右ページにもひょっこり顔を出していて、もう可愛過ぎます(結局可愛いとしか表現できず…)。

 

ひめは「『またおやつさがしだ』って、最初のページに戻ればいいね!そしたらずっとずっと続くよ!」と嬉しそうでした。

 

どんぐり好きのちびも楽しめ、虫嫌いの私もありが可愛く見えちゃう絵本でした。

ありんここりん

ありんここりん

 

 

独特の世界観を持つ絵本「まじょだ!」

こんにちは。

今年のハロウィンも、近所のママ友の計画に乗っからせてもらったくるみです。

 

今年も女子2人は仮装しました。

ひめは美女と野獣のベル。

ちびはプリンセス。

(ちびには家にあった白いドレスを着せたのですが、「ラプンツェルになりたい!」とゴネるので、ひめと2人で「ラプンツェルも白いドレス着ることもあるよ!」となだめて納得させました(汗))

 

 個人的にはベルの真似をしたひめの髪型がとてもうまくいったので、大満足でした。

 

ハロウィンでは魔女の仮装をした方もいるのではないでしょうか?

今日は、少し変わった魔女のお話です。

 

小さいキリンを飼ってみたい

魔女がいた。名前はボラ。キリンが飼いたくなったので魔法で小さくして飼った。キリンに対して柄にもない優しさを示した魔女だったが…絵画のような絵と驚きの展開が楽しい絵本です。

 

割れたあご,土色の四角い顔の魔女。

出っ歯のキリン。

抽象画のような背景。

個性的な色使い。

 

独特のの世界観があります。

 

抽象的な絵と違い、ストーリーはわかりやすいけれど、途中、急展開があり、「えー!」とひめもびっくりしていました。

最後は新しい始まりの予感を残して終わるのですが、「どういうこと?」とひめ。

なんとも不思議なお話です。

 

キリンを小さくして飼うなんて、ちょっといいなぁ、と思ったり、帽子を冷やしてかぶるという変な趣味に笑ってしまったり、この魔女の憎めないキャラクターに惹かれてしまいます。

 

猫とキリンも魔女のことを本当に恐れ嫌ってはなさそうなところもなんだかほんわかします。

魔女のことを慕っているように見えるところさえあります。

 

なんたって魔法を使える魔女なわけだし、魔女の話ならこのくらい不思議な話でいいかもしれません。

 

ちょっと無気味な奇妙な顔の表紙といい、なんだか心に残る1冊でした。

まじょだ!

まじょだ!

 

 

人間味溢れる猫の話「ブチョロビッチョロはどこ?」

こんにちは。

「カレーの匂いがする」と言うちびに「鼻がいいね~」と言うと、「みて!あながあいてるからね」とドヤ顔で鼻の穴を見せられたくるみです。

 

坐骨神経痛を改善するために、早朝、近所を歩いているのですが、驚くのが猫の多さです。

同じルートを歩いていると、不思議とほとんど同じ場所で同じ猫に会います。

 

太った猫、細い猫、白いの、ぶちの、真っ黒の…

猫もいろいろいますが、ほとんどの猫がとる行動は同じ。

さっと離れて、家々の敷地に潜り込み、そこから、私が自分の視界を離れるまで、警戒心剥き出しに、じーっと睨みます。

 

野生を感じます。

 

犬派か猫派かと言われるとどちらかというと犬派の私ですが、あの背中のカーブと警戒心がワイルドでしなやかでかっこいいなぁと思います。

 

さて。

今日の絵本は飼い猫の楽しいお話です。

 

「きらい」だけど…

チコちゃんはねこを飼っています。ブチョロビッチョロという名前です。けれど、ブチョロビッチョロはチコちゃんがきらいでした。同じご飯にうんざりし、遊びに付き合わされるのもいい迷惑。とうとうある日、ブチョロビッチョロはチコちゃんの家を出ることにしました。ネーミングやチコちゃんのキャラクターも面白い、ユーモア溢れる絵本です。

 

題名から「ブチョロビッチョロ」ですから、子どもを惹きつけないわけがありません。

そして、ぼーっと生きてんじゃねーよでお馴染みのおかっぱ頭のチコちゃんと同じ名前で、髪型もおかっぱのチコちゃん登場。

 

最初から大興奮の子供たちです。

ひめ「ブチョロビッチョロって名前なの?」

ちび「ブトロットロ…?」

ひめ「チコちゃんってあのチコちゃん?」

ちび「こわいやつだ!」(ちびはぼーっと生きてんじゃねぇよと言う時のチコちゃんの顔がこわいらしいのです)

 

「すき」「なかよし」「いつもいっしょ」などという設定は数あれど、最初にばっさりと「きらいでした」と言ってしまうのも面白く、嫌がる猫の表情もいい味出してます。

 

思わず繰り返したくなるニャンコロビッチという名前の猫も出てきて、物語は楽しく展開し、終わりを迎えます。

 

そして読後には温かいものが残ります。

 

ブチョロビッチョロは本当にチコちゃんが「きらい」なのでしょうか?

 

「きらい」だけど憎めない。

「きらい」だけど愛着がある。

「きらい」だけどいないと寂しい。

 

そんな不可解な気持ちってありますよね。

押され続けていたのに急に引かれると、ちょっと待って!となる気持ちもわかるなぁ。

 

そんな風にブチョロビッチョロの心の動きに人間らしさを感じて、面白かったです。(猫だけど)

 

ひめは、「なんでそんな長い名前付けたのかな」「チコちゃんがつけたの?」「変な名前ばっかり」と名前について、何度もコメントしていました。

小学校低学年も十分楽しめると思います。

 

とても楽しい絵本です。

f:id:kurumibook:20191021131628j:plain