3つのたねに絵本の水を

日々思ったこと、子育てエピソードと共に、3人の子供たち(にーさん(小5)ひめ(小1)ちび(3歳))に読み聞かせた絵本を1冊ずつ紹介しています。週3回を目標に更新していきます。

想像力を大切に「8月6日のこと」

こんにちは。

暑さと子供たちの騒がしさで発狂してしまいそうなくるみです。

 

今日は8月6日ですね。

私が子供の頃は、毎年この時期に"火垂るの墓"をテレビで放送していたような気がしますが、今はどうなんでしょう?

 

観終わった幼い私は怖くて悲しくて、二度と観たくないと思いました。

(それでもなぜだか3回くらいは観てるような…)

今でもサクマドロップスの缶を見るとハッとします。

 

戦後74年。

だんだん戦争を体験した方から直接話を聞くことができなくなってしまいますね。

歴史の教科書に載っている遠い出来事という感覚でしか戦争を捉えることができなくなってしまいます。

世界中が平和になって遠い出来事になるのならこんなに嬉しいことはありませんが、現実には世界では戦争はなくならず、人と人との間でも争いは日々起こっています。

 

戦争が繰り返されてしまうのはなぜなのでしょう。

人にはもともと自分さえ良いと思ったり他を攻撃することで快感を得る心があるから?

話が通じない利己的な人や国を懲らしめるため?

戦争で需要や雇用が増えて助かる人がいるから?

戦争と関係のない国の人が無関心だから?

戦争やいじめをなくすいい方法を思いつくことができないから?

 

いろいろ考えてしまうと難し過ぎて、戦争も避けられないことなのかもしれない、という気がしてきます。

"戦争は良くないこと”という前提が薄れ、ある意味においては戦争は有効で、仕方のないことなのだ、と。

 

戦争以外に方法がない。

戦わないで自分達だけ平和でいられるわけがない。

自分の国を守るため、正義のために戦おう。

 

簡単にそんな心理になるのは怖いことです。

どんな理由があったとしても戦争は良くないこと、です。

やってはいけないのです。

 

私は、なにはともあれ"戦争は良くないこと”という認識はだけは堅く持っていたいし、子供たちにも持ってもらいたいと思います。

 

では、そもそも、どうして良くないことなのか…

 

絵本を読んでみましょう。

 

どんなきもちだったでしょう

おかあさんのおにいさんは広島で衛兵をしていました。おかあさんは列車に乗っておにいさんに食べ物を差し入れしにいっていました。しかし、8月6日がきて…穏やかな瀬戸内海の島で生まれたおかあさんが本当に体験したお話です。

 

8月6日は毎年とても暑いです。

そんな夏の日の青い空を思い出させるような水色の表紙が印象的です。

 

この本の主人公は16才だった作者のおかあさん。

お腹を空かせているお兄さん(作者のおじさん)のために電車で差し入れを持っていきます。

妹が持ってきてくれた差し入れを、上官に見つからないように隠しながら食べるお兄さんの姿にリアリティを感じます。

 

そして8月6日がきて…

 

暗い色を使って描かれたページは倒れている人もヒト型に粗く描かれていて、細かい絵ではないので、子供にも安心して読めます。

 

けれど、粗いことを抜かせば恐らく本当の光景もこんな感じの色彩だったのではないか、と思います。

混沌と暗い色です。

ちびは「こわい!」と言って逃げていきました。

子供ながらに何かを感じとったのでしょう。

 

この光景を実際に目にした小さい子はどんな気持ちだったのでしょう。

この絵本の中にも同じような問いかけがあります。

 

おかあさんはどんなきもちだったでしょう

 

戦争が良くない理由は、もう、これに尽きると思います。

想像力を働かせろ、ということです。

 

そして、これは戦争という大それたことでなくても同じことです。

個人と個人でも。

 

"どんなきもちだったでしょう”

と問いかけながら自分の行動を省みること。

想像力を養っておくこと。

無意識で想像できるくらいに習慣化すること。

 

怒りなどに負けそうになることも多いですが、このことをいつも忘れないようにしようと思った8月6日でした。

8月6日のこと

8月6日のこと

 

 

花火大会の気分を味わえる「はなびドーン」

こんにちは。

夏休みなのに子供をどこかに連れて行ってあげるどころか、誰も寝ていないのに私1人が昼寝してしまうという、ダメダメのくるみです。

 

先週末、実家に行く途中、たくさんの道行く方の浴衣姿を見ました。

 

隅田川や立川で、花火大会があったみたいですね。

 

花火大会いいなぁ。

花火大会は大好きで、子供が産まれる前はよく行きました。

 

夜空に咲く光の花もさることながら、ドーン、ヒュー、パチパチという音も、風に乗ってくる火薬や煙の匂いも、懐かしく思い出すだけで心踊ります。

 

子育て中の皆さんは、子連れで花火大会に行っているのでしょうか?

 

私はハードルが高く、一度も行けていません。

ハードル① 暑い

ハードル② 時間が遅い

ハードル③ とにかく、人人人人人

 

人が多いことから、トイレが混む、帰るのが更に遅くなる、暑いうちから場所をとらないといけない…などなど…

ちびがグズグズする姿が、ひめとにーさんが苛立って喧嘩する姿が、浮かんできます。

 

うん、うちはまだ無理。

 

ああ、でも見たいし見せてあげたいな、大きな花火。

 

というわけで、気分だけでも絵本で味わおうとこんな絵本を読みました。

 

花火大会に行きたい!

くらーい夜空にシューッ、パンッ、ドーン、キラキラ。は・な・び。パッと現れる色とりどりの花火に、大人も楽しめる赤ちゃん絵本です。

 

正直、動画でみても生で見るのとは違うし、いわんや絵本をや、となめていたのですが、読んだみると、意外と気分が上がってきます。

 

何もないページから、ページをめくるだけで突然現れる、という表現が可能な絵本の特長が、夜空にパッと現れる花火と相性がいいのかもしれません。

 

見開きいっぱい使って、ヒューと四方八方に飛んでいき、どこにあがるのかわからないワクワクも、本物に近い感じがします。

 

そして花火の描写も、1色だったり、カラフルだったり、形も少しずつ違って、たくさんの種類が上がり、次はどんなのかな、と思って待つ花火大会そのものです。

 

大きな花火を一度も見たことのないちびは、パーンと広がった花火に手を伸ばして食べたフリをしていました。

美味しそうに見えたのかな。

 

ひめは、ディズニーランドで見たことがあるのでなんとなくは知っていたようですが、ニコちゃんマークの花火のところで、「すごい!こんな花火本当にあるの??」と興奮していました。

 

そういえば、ニコちゃんが現れる花火もありますよね。ドラえもんとかもあったような…。

見る角度によってキレイに見えたり、変な顔になったりするんだよなぁ。

 

そんなことも思い出し、思った以上楽しめ、花火大会気分を味わうことができました。

いつかはみんなで行きたいな。

はなび ドーン (とことこえほん)

はなび ドーン (とことこえほん)

 

 

事件の目撃者になれちゃいます。「バナナじけん」

こんにちは。

夏休みは始まったばかりですが、すでにランチのメニューが尽きてきたくるみです。

 

さて。突然ですが、バナナはお好きですか?

 

甘いものが得意ではない私はまだ青くて硬いバナナが好きなのですが、周りに話してもあまり共感が得られません。

 

一方、熟したバナナは甘く、離乳食にも使え、好きな子供も多いですよね。

ちびもバナナが大好きで、今もほぼ毎日食べています。

 

寝起きの機嫌が恐ろしく悪いちびの、朝の一言目は、「おはよう」でなく「バナナ(食べたい)!」のこともしばしば。

 

そんなちびのために、切らさないようにせっせとバナナを買ってくるのが私の役目です。

 

が、たまに、切らしてしまい、

「バナナ!」

「…ごめん、今日はないんだ」

「なんで!?たべたい〜(泣)かってきて〜(朝6時)」

としばらく叫ばれ、寝起きのグズグズを止められないことも。

そんなこんなが我が家のバナナ事件ですが、この絵本のバナナ事件はどんな事件なのでしょう?

 

あなたも事件の目撃者に

あ、バナナが ひとつ おちましたよ。荷台にバナナをたくさん乗せた車からバナナが落ちました。そこへひょろひょろあるいてきたサル。どうすると思う?あとからウサギがやってきて…。愉快な展開に目が離せない絵本です。

 

腕にかごバッグを提げたサルがやって来る、そのひょうきんな感じに、もうそれだけで何か面白いことが起きそうな予感がします。

 

どうすると おもう?

という問いかけに子供たちは素直に反応します。

「食べる!」「ひろう!」「バッグに入れる!」

 

そして、次はうさぎ。

女子人気高いウサギの可愛いイメージを覆すような、全然可愛くない水色胴長のうさぎが走ってきます。

 

どうなると おもう?

と、ここでも問いかけ。

 

そして、さらにワニがのそのそのそのそときて…

 

落ちたバナナは

じつは ひとつじゃないのよ。

と展開していき、予想通りの展開に、ひめは大爆笑。つられてちびも大爆笑。

絵本は、予想通りのことが起きても面白いし、想定外のことが起きても面白いものです。

 

運転手さんの表情もコミカルで、何度読んでもその表情に見入ってしまいました。

 

これを読めばバナナ事件の目撃者になれちゃいます。

 

 

バナナ好きの方もバナナ嫌いの方も是非。

バナナじけん

バナナじけん

 

 

水について想いを馳せる「しずくのぼうけん」

こんにちは。

湿度と暑さですでにバテ気味のくるみです。

 

なんでしょう、この湿気は。

ねっとり体にからみついてくる空気が重く感じます。空気をぎゅっとしたらポタポタと絞れてしまいそう…体感では湿度100%です。

 

でも、まだまだ夏は始まったばかり。

今バテていたのでは、先が思いやられます…

 

この悪しき湿度の原因である水ですが、人間にとってなくては生きていけない物No.1でもありますね。

 

蛇口をひねれば出てくる水。

キレイな飲めるお水に困ることのない日本。

 

ありがたいことです。

 

先日、ひめとお風呂に入っていたら、不思議そうにシャワーのホースを眺め、「水はどこから来てるの?」と聞いてきました。

 

ダムがあり、浄水場があり、地下には水道管が張り巡らされ、見えないけれど、たくさんの過程を経て我が家にきてくれる水。

 

そして、また下水道から外に流れていく水。

 

ここにもまた、当たり前に思っている当たり前じゃないことがあります。

 

日頃は気にしないで済ましていることに対していかに感謝できるか。これはこの便利な世の中で生きていく上で大事なことの1つではないかと思います。

 

水道水はどこから来てどこへ行くのか。

楽しく学べる絵本を紹介します。

 

冒険は続く…

ある水曜日のこと。村のおばさんのバケツからぴしゃんと飛び出したしずく。気体になって、雲になって、氷になって…しずくの長い旅は続きます。可愛いしずくの目線で水の循環を体験できる絵本です。

 

表紙の小粋なしずくちゃん。しずくの形に顔と棒の手足がついただけだけれど、とってもキュートです。

 

魔法のように消えたり、たくさんの仲間に出会ったり、カチコチに固まったり、状態を変えてあちこちへ旅をするしずくちゃん

ころころ変わる表情もかわいくて、眉をひそめた顔など愛らしくて好きです。

 

小さい子にとっては少し文字が多めの絵本ですが、語呂もよく読みやすい文章で、手書きのような字がおしゃれです。

 

表紙裏にはたくさんのしずく玉。

高い湿度の時はこの絵を想像すると可愛くて許せるかも(?)

 

体の60%は水分という私達。

今自分の中にある水分は、遠い昔恐竜に降り注いだ雨かもしれない。

もしくは古代生物の身体の一部だったかも…

 

巡り巡っている水。

大切にしたいですね。

 

 

 

 

しずくのぼうけん (世界傑作絵本シリーズ)

しずくのぼうけん (世界傑作絵本シリーズ)

 

 

かあちゃんのおおきな背中「せんたくかあちゃん」

こんにちは。

ブログを再開すると宣言しておきながら、更新をサボっていました。

歩くために始めた朝活が未だに軌道に乗らず、ずっと時差ボケ状態で…

(はい、言い訳です。)

でも。

続けるコツはやめないこと。

一度挫けそうになってもまた始めること。

と、奮い立たせるくるみです。

 

梅雨ですね。

なんだか久しぶりにこんなに雨が続く梅雨のような気がします。

ここ数年は7月に入るともう連日真夏日のようだった気がするのですが。

 

涼しいのはありがたいのだけれど、雨続きだとちょっと気分が滅入ります。

困るのは、何はともあれ洗濯物。

干し場所に悩まされています。

 

5人家族の洗濯物は膨大。

梅雨の合間をぬって行われる子供たちのプール道具や、給食袋、幼稚園のタオルやお弁当のクロス…子供って洗濯物の生産量がハンパないですよね(泣)

 

ああ、毎日毎日部屋干しで室内がジメジメジメジメ…

 

洗わないでもキレイなままの服が開発されたりしないかしら、なんて。

 

洗濯機に頼り切りのくせに、そんなことを考えてしまいます。

 

そんなこと言っていたら、せんたくかあちゃんに笑われてしまいますよ。

今日の絵本は、洗濯板とたらいでごしごし。

洗濯が大好きなお母さんのお話です。

 

かあちゃんへの憧れ

洗濯の大の大の大好きなかあちゃんがいました。家中のズボンもチョッキも靴下も…たらいでごしごし洗ってしまうかあちゃん。全部干し終えたところ、急に空が暗くなり、物干しざおには驚くべきものがひっかかっていました。頼もしいかあちゃんとのやりとりが楽しい絵本です。


天気のいい日に家中の洗える物を集めて、たらいの中に入れ、洗濯板でごしごし洗ってしまうお母さん。

ついには、子供や動物達まで洗ってしまいます。


木にロープを張り,2ページにわたって干される洗濯物は、圧巻です。

 

裸で干されている子供を見て、ひめは、「痛そうだよ」「かわいそう」と心配していました。

干しているものの中には水洗いできなさそうな時計、うちわ、提灯まであります。

見ているのが楽しいページです。

外干しできずに溜まる梅雨のストレスを吹き飛ばしてくれます。

 

ところが、空が暗くなり、とんでもない人が落ちてきます。

そこからの展開は楽しく、子供たちも夢中になっていました。

 

私は、「かあちゃん」という存在に憧れがあり、すてきだなぁと思って読みました。

懐が深く、何事にも動じず、バイタリティがあり、世話好きな「かあちゃん」という存在。

体力がなく、周りの目を気にし、慎重派の私には程遠く、生まれ変わりでもしない限りなれない、「かあちゃん」という存在は、最後まで期待を裏切らず、大きな背中を見せてくれます。

 

洗濯もその他の家事も楽しまなきゃね。

 

梅雨の部屋干しストレス時にぜひ。

 

せんたくかあちゃん (こどものとも傑作集)

せんたくかあちゃん (こどものとも傑作集)

 

 

叱ってばかりいるけれど…「だめよ、デイビッド!」

こんにちは。

40分連続で歩くと骨盤が正しい位置に戻る、と整体師さんから聞いて、歩くために朝活を始めたくるみです。

 

今週誕生日を迎えたちびは、魔の2歳児から悪魔の3歳児に進化を遂げました。

 

画用紙をはみ出してテーブルにお絵かきをしていたり、すぐに「なんかたべたい」とキッチンに近寄ってきたり、自分にとって邪魔なものを次々になぎ倒していったり、あっという間に部屋をおもちゃでいっぱいに散らかして全然片付けてくれなかったり、とってもらう立場なのにティッシュなどをとる人を指名して他の人がとると怒ったり…

挙げればキリがないですが、まだまだ手がかかるちびさんです。

 

少し聞き分けは良くなってきたものの、体も大きくなってできることが増え、いろいろと自分でやりたい気持ちが前のめり気味なので、ますます目が離せません。

 

気がつくと、「それはだめ!」「やめて!」「あぶない!」「もう少しおねえさんになったらね」そんな言葉ばかり言っている自分がいます。

子供のためと思って言っているのに、改めて振り返ると、申し訳ない気分になります。

 

禁止事項ではなく、やって欲しいことを言った方がいいとか、危険なことじゃなければ大目にみてあげるとか、わかっちゃいるけどなかなかできません。

 

今日は、私と同じく子供にダメダメ言ってしまうお母さんたちにも共感できる絵本を紹介します。

 

叱ってばかりいるけれど…

デイビッドのお母さんはいつも言う。「だめよ、デイビッド」って。だって、デイビッドときたら、泥だらけで部屋に上がったり、壁に落書きしたり、家の中で野球をしたり…やんちゃなデイビッドに子供も大人も楽しめる絵本です。

 

いかにもやんちゃそうな顔をした幼い男の子。

壁にクレヨンで落書きしてると思ったら、椅子の上で背伸びをし、棚のクッキーの缶に手を伸ばす。

だめだよ!デイビッド!

こちらがハラハラしてしまいます。

 

ページをめくる度に次々と出会うデイビッドの悪行(笑)とお母さんの叱る声。

 

「デイビッド、だめだよねぇ」と言うひめに合わせてちびも「だめだねぇ」と2人で声を揃えて楽しそうにしていました。

 

けれど、鼻をほじっているページでは、ひめはなんだかきまり悪そうな表情。

そうだね、あなたも鼻はほじっているもんね(苦笑)

素直な反応でおもしろかったです。

 

それに比べてちびは、部屋を散らかしているページでも、「だめだよねぇ」とまるで自覚症状がない様子。

ひめに「〇〇(ちび)ちゃんもじゃん!!」とつっこまれていました。

 

ネタバレになってしまうのですが…

 

絵本の最後は、こんなにたくさんのダメなことをしてるデイビッドを、お母さんが「だいすきよ」と抱きしめるシーンで終わります。

唐突に出てくるこのシーン、ひめはよくわからなかったらしく、「なんで?ちゃんとごめんなさいができたのかな?」と不思議がっていました。

 

えっと、このお母さんの気持ちはね…

痛いほどわかるこの気持ち、なんて説明したらいいのだろう?

 

いつも叱ってしまうけど、そんなこととは関係なく、あなたのことはとても大事で大好きなんだ、と。

叱るのはあなたが大好きだからで、怒っちゃうのは処理が面倒とか現実的な問題で、あなたが何をしたから好きとか何をしたから嫌いとか、そういうことはないのだ、と。

 

とりあえず、「デイビッドのママは『だめ』って怒ることも多いけど、デイビッドのことが大好きなんだよ」とだけ伝えておきました。

私の気持ちも同じだと思ってくれたかしら…

 

それはどうだかわかりませんが、ひめとちびはこの絵本がたいそう気にいって、「もう1回読んで!」と3回読み聞かせして、更に2人で5回くらい読んでいました。

 

母親としてはぐっとくる絵本でした。

だめよ、デイビッド (児童図書館・絵本の部屋)

だめよ、デイビッド (児童図書館・絵本の部屋)

 

 

父の日におすすめの絵本②「うちのパパが世界でいちばん!」

こんにちは。

久しぶりの更新に、以前と同じようにコメントやスターやブックマークを頂いて、感謝でいっぱいのくるみです。

迎えてくれる方がいる場所があるって、なんて心強いことでしょう。本当にありがとうございます。

 

さて、今日は父の日ですね。

(もう日が変わりそうですが…)

 

母の日にもっていかれがちな父の日ですが、我が家ではそうでもありません。

 

というのも、夫は記念日も普通に過ごす派、私は祝う派、なので、自然と父の日の方がイベント化する傾向にあるのです。

(というか、母の日はほとんど何もなかった…(泣))

 

とはいっても、娘たちのお誕生日が近いので最近は全部ひっくるめてのお祝いになりがちですが、子どもたちにはそれぞれお手紙を書かせました。

 

ママ好きの息子は照れ屋のあまのじゃくなのでなかなか感情を出してくれないのに比べ、パパ大好きの娘たちは気合いが入れて、どストレートに表現するので、それも父の日の方が大きくなる理由です。

 

まあいいんだ、みんなが幸せなら…(でもやはり少し寂しい…)

 

とはいえ、娘たちがパパ大好きなおかげで、外出時など夫にべったりなので、最年長の息子を担当する私は手が空き、とても助かっています。

 

今日はそんなパパ大好きな子供のためのパパの絵本を紹介します。

 

パパのつかいかた

パパの使い方、その1、トランポリン。その2、ふたあけき。その3、エアコン。上に飛び乗り、蓋を開けてくれ、仰いですずしくしてくれるパパ。パパと接する33の場面が載っているパパの説明書です。

 

パパがしてくれるたくさんのことが、道具や職業に例えられ、33項目に分けて載っています。

 

うちの夫は「虫除け」や「タクシー」などは当てはまるかなぁ。

残念ながらうちは当てはまることが少なかったのですが、アウトドア好きの明るいパパならきっと多くの項目が当てはまるでしょう。

 

これは当てはまる!他にもこんなことができる!と言いながら読んでも楽しいかもしれません。

 

ひめはなぜだか「ダンスパートナー」の所で笑っていました。

パパと踊りたいのかな。

 

私は裏表紙の「"パパ"のしくみ」がツボでした。

"パパ"ご使用上のちゅうい

"パパ"は、ママのきびしいきじゅんをみたしているので、あんぜんでじょうぶにできています。

それはどうかな(笑)

 

父の日に家族みんなで読むのにおすすめです。

(もうあと数時間ですが)

うちのパパが世界でいちばん!―パパのつかいかた33

うちのパパが世界でいちばん!―パパのつかいかた33

 

 

父の日におすすめの絵本「ぼくとおとうさん」 - 3つのたねに絵本の水を