3つのたねに絵本の水を

日々思ったこと、子育てエピソードと共に、3人の子供たち(にーさん(小4)ひめ(年長)ちび(2歳))に読み聞かせた絵本を紹介しています。

世界は分からないことだらけ「おじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃん」

こんにちは。
にーさんの頃から使っている子供乗せ自転車が限界を迎え、新しく購入を検討しているのですが、店頭では電動自転車しか売られていないことに驚き、時代の移り変わりを感じたくるみです。
それほど使わないので、電動じゃなくてもいいんだけど…

さて、子育てをしていると、子供からの質問にどう答えるか問題が常に付きまといます。

2歳くらいの「これなあに?」から始まり、死に関する正解のない質問や性に対する際どい質問や、大人に対する反発から生まれる質問、社会問題に通ずる質問など…だんだんと難しくなる質問たち。

私の個人的な感覚で言うと、5、6歳の質問に回答するのは意外と難しいです。

この年齢は、子供だましのファンタジックな回答では納得しないのに、現実的な回答に対する理解力もあまりありません。

難しいことを誰にでもわかる簡単な言葉で説明できるのが真の賢い人だと、何かで読んだことがありますが、正にその通りだと思います。

小学生に上がると、答えに対する理解力も上がるし、いい意味でも悪い意味でもあまり無邪気には質問してきません。
(うちの小4が素直でないだけかもしれませんが)
お母さんもわからないんだな、ということも薄々気付かれてしまいます。
大人でも答えの出せない質問は一緒に調べたり考えようという立場で話すこともできます。

先月6歳になったひめ。
性格的に楽天家で難しいことを考えないタイプのせいか、今まであまり困るような質問はされなかったのですが、幼稚園での経験や、絵本の読み聞かせでいろいろな言葉に触れ、だんだんと世界に疑問が湧いてきたようです。

「ばあばのお母さんは誰なの?」
「そのお母さんもいるの?」
「そしたら、1番最初の人のお母さんは誰なの?ひとりぼっちだったの?」

進化の話をしたらいいのか、アダムとイブの話をしたらいいのか、誰なんだろうねと寄り添えばいいのか……

そんなひめの質問を受けて、そういえばそんな絵本があったなあと思い出した今日の絵本。子供の純粋な疑問から、人間のルーツに思いを馳せるお話です。

「ひいひいひいひいひいひいひいひい」

5さいの男の子がおじいちゃんに質問します。「おじいちゃんのおとうさんはどんなひと?」そのまたおじいちゃんは?そのまた…。そして、たどり着いた先は?

おじいちゃんのお父さんはひいおじいちゃん。そのお父さんはひいひいおじいちゃん。そのまたおじいちゃんはひいひいひいひいおじいちゃん。
どんどん続いていく「ひい」の繰り返しにちびが「たのちー(楽しい)!!」と大興奮。
一緒に「ひいひい」言いたがるひめ。
「どほほ」ににーさんがニヤリと反応。

3人3様楽しめたとても愉快な絵本でした。

表紙裏には昔の道具がずらり。
3年生の社会で昔の暮らしを学んだにーさんの勉強にもなりそう、と思ったものの、にーさん曰く「この絵本ならクラス全員知ってる」としれっと言われてしまいました。
読んだことあるんかーい!
課題図書的な扱いだったのかな?

時代を遡り、変わりゆく背景を見るのも楽しいです。

そして、男の子が最後にたどり着く疑問。
それは神のみぞ知る?
もしくは神様さえ知らないかも。

世界は分からないことだらけ。
答えを探していくのが生きることとも言えそう。

読み聞かせの時は、無限に続く「ひい」をどんな風にどこまで読むかが難しいかもしれません。
私はちびとひめのウケを狙い、速くできるだけたくさん読みましたが、にーさんには「もういいよ」と一蹴されました。

ところで、ひめの質問は解決していないような…?
でも本人も忘れてそうだし、まっ、いっか。

みんなで楽しい絵本でした。

おじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃん

おじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃん

どのページもかわいい!「ぎゅうぎゅうぎゅう」

こんにちは。

昨日は家族でプールに行ってきました。去年は座りながらちびの遊びに付き合っていた数十分で、油断していた太ももが焼けて痛くて辛かったので、是が非でも焼きたくない今年はトレンカのラッシュガードを買い、帽子に長袖と完全防備でプールに行ったら、「お母さん、そんなに着てて水に入れるの?」と不思議そうににーさんに言われたくるみです。

 

今年の夏は本当に暑いですね。

すり寄ってくる子供たちの体温の高さが半端ないです。 

なので、抱っこはなるべく避けたいところ。

 

けれど、最近はふとした時に、こうやって抱っこしてくれるのもあと少しかもしれない、と思い、感傷的になります。

にーさんはまだ家の中では照れながらも抱っこを受け入れてくれますが、本気で嫌がる日も遠くはないでしょう。

 

毎日くっついてくるちびやひめだって、長い人生からするとあっという間。

悔いの残らないようにたくさんぎゅうとしたいです。

 

今日の絵本は家族でぎゅうとしたくなるかわいい赤ちゃん絵本です。

 

とにかくどのページも可愛い

歩き始めたばかりくらいの赤ちゃんがおててをぎゅうっとしたり、ぬいぐるみをぎゅうっとしたり。ぎゅうっとする姿に、癒やされるかわいい絵本です。

 

クマを抱っこしてる姿ががぬいぐるみをいつも連れているちびとかぶり、ひめは「○○(ちび)ちゃんみたい!」と叫んでいました。

どのページも可愛く、ひめはとても気に入り、中でも、「くまさんきたよ」でぎゅうっとするところが1番可愛くて気に入ったようでした。

最後まで読んだ後、「ぎゅうしよう!」と両手を広げると、ちびとひめはにこにこ来ますが小4男子は面倒くさいなぁという態度で渋っているので、こちらから強引に仲間に入れました。

仕方ないなぁという感じで逃げないあたり、まだまだ可愛い9歳です。

 

スキンシップってやっぱり大切。

読んでたくさんぎゅうしてみて下さい。

ぎゅう ぎゅう ぎゅう (講談社の幼児えほん)

ぎゅう ぎゅう ぎゅう (講談社の幼児えほん)

 

 

自分にとって理想の働き方とは?「やまのかいしゃ」

こんにちは。

「プゼレント」、「とうもころし」、「きみみどり」。たくさんの言い間違いをしてきたひめはピアノが好きで毎日練習しているのに未だに楽譜のことを「がふく」と言います。産まれてから1つも言い間違いのないにーさんとの違いはいったい何なんだろうと思うくるみです。

 

読み聞かせの本を選ぶ時、毎回子どもたちそれぞれが好きそうな本を探します。

 

にーさんには科学の絵本や小学生向けの読み応えのある絵本。

ひめには女の子らしい可愛い絵や、明るいストーリーの絵本。

ちびには赤ちゃん向けの絵本。

 

けれど、にーさんのための絵本をひめが気に入ったり、意味がわからないながらもちびが指差して笑ったり、意外な反応をすることも多くあり、読んでみないとわからないものだなあと感じています。

 

今日の絵本も思いの外反応が良くて驚いた絵本です。

珍しく大人が主人公で、子供たちの目にはどう映るかと思っていたのですが、意外にもにーさんもひめも楽しんでとても気に入っていました。

 

新鮮な空気を吸って働きたい

会社員のほげたさんがいつものように寝坊して、会社に出掛けたところ、電車は逆方向、靴もメガネもカバンも忘れ、山奥の駅に着いてしまいます。途方にくれたほげたさんは山の会社に行くことに……

 

毎日の通勤ラッシュに灼熱のコンクリートもしくは冷たいビル風…そんな都会へ通うサラリーマンという現実からの逃避行。

 

トイレのスリッパを履いて家を出てしまっていたり、慌てて間違えたおにぎりの具など、とぼけたほげたさんが面白くてのんびり読めます。

 

ところが、途中の「やまのかいしゃがぜんぜんもうからないので」という一文にハッとしました。

 

そこは目をつぶって、「山の会社っていいね!」ではないのか??

 

社長の対応も興味深いのです。

ほげたさんを辞めさせるでも、注意するでもなく、山の会社を任せるという社長。

儲からないというのに…

 

社長にとっては儲からないことが問題ではあるが、毎日満員電車に乗って通うことの方が問題だというほげたさんも社員として受け入れる、ということでしょうか。

 

それぞれ個人の趣向に合った働き方ができる、理想的な話ともいえそうです。

 

個人の喜びより効率化を優先している社会で、働き方を考えるきっかけにもなるかもしれません。

 

ただ、現実にはやはり、儲からないという問題はどのように解消されるのかが課題になってくるような…

 

主婦の私としては、ほげたさんの妻の気持ちになり、ほげたさんがもう戻っては来られない場所に行ってしまったような気がして心がザワザワしながら本を閉じました。

 

にーさんは「ほげたさん」「ほいさくん」という響きが気に入り、聞くたびにニヤニヤして嬉しそうでした。

ひめは山の賑やかな絵に心奪われてじーっと見つめていました。

 

子供たちはただただ絵本のユーモアと愉快な絵を楽しんだようです。

 

絵本の世界に現実世界を持ち込んであれこれ考えるは野暮かもしれません。

でも、大人も子供もそれぞれ何かを感じて考えられるのも絵本の魅力ですね。

 

皆さんはどんな気持ちになるでしょうか。

良かったら読んでみて下さい。

やまのかいしゃ (日本傑作絵本シリーズ)

やまのかいしゃ (日本傑作絵本シリーズ)

 

 

おもちゃを大事にしつつも自由な発想も育てたい「ボリボン」

こんにちは。

ニュースを見て心が痛みます。これ以上の被害が出ないこと、不安な気持ちで過ごしている方の不安が一刻も早くなくなることを祈ると共に、当たり前は当たり前じゃないと自分に言い聞かせたいと思うくるみです。

 

我が家で今困っていることの1つに、クレヨン問題があります。

ちびが至るところにクレヨンで落書きしてしまうのです。

家具、玩具、にーさんの宿題、ぬいぐるみ…

そのたびに「ここに描いて」と紙を渡し、「うん!わかった!」といい返事をするのですが、全く効き目はなく、しばらくするとそそくさとクレヨンを持ち出し…

 

落書きするだけでなく、クレヨンの紙も剥がすので折れてしまったり…

とにかくクレヨンが大好きで、紙に描くのも好きなので没収することもできず、かといってずっと見守っていられる余裕もないので、半ば諦めています。

 

思えば、上の2人はクレヨンを始め、おもちゃを大切に使う子でした。

 

というより、にーさんはこだわりが強く、クレヨンの使い方も独特でした。

端から1つずつ使っては箱に戻し、順番に1回ずつ使って端までくると、お絵かきはおしまい。

なんて不自由な使い方だったのでしょう。

 

そんなにーさんの血が繋がっていながら、こんなに自由な子供が産まれるとは思ってもみなかった…

 兄弟でこうも違うのか!

 と、驚かされる日々です。

 

さて、今日はおもちゃの使い方について少し考えさせられる絵本です。

 

大事に使うって何だろう

なんでも壊してしまういたずらっこの男の子ガビ。 お母さんにもらったくまのぬいぐるみ、ボリボン。ガビがお医者さんごっこでおなかを切ってしまったところ、ボリボンはいなくなってしまい…

 

初めに読んだ時、ガビはとても悪い子なんだと思いました。(トイストーリーの隣の男の子と重なるイメージでした)

 

けれど、何回か読んでいると、ボリボンがいなくなった後のガビのがっかりした様子、見つからず泣いてしまう姿にガビのボリボンへの深い愛が伝わってきて、なんて可愛いんだろうと思い始めました。

お腹を切ったのだって、お医者さんごっこ中の手術のつもりだったわけで、悪気は全くありません。

ただまあ手術中にやめてしまうお医者さんは困ってしまうわけです。

 

小さい子供のいたずら、悪事はだいたいこんな悪気がない可愛い理由なのかもしれません。 

 

どこまで入るか知りたくて玩具を鼻の穴に入れるとか、ぬいぐるみの手を洗ってあげようとして本当に洗ってビチョビチョにするとか…

 

おもちゃを大切に使うことは大事だけれど、好奇心を尊重してある程度は自由な遊びもさせてあげたい。どこまで許容するか、どこまで何も言わずに見守ってあげたらいいのか、難しいところです。

 

ひめはボリボンが無数に描かれている裏表紙になぜだか興味津々でした。

裏表紙の使い方も絵本によってそれぞれ違うので面白いですね。  

ボリボン (世界傑作絵本シリーズ)

ボリボン (世界傑作絵本シリーズ)

 

 

ごっこ遊び大好き「バスなのね」

こんにちは。

お誕生日に買ってもらったスマホのような玩具に自分のプロフィールを入力して遊んでいたひめが、「しょうらいのゆめ、ってなあに?」と聞いてきたので「大きくなったら何になりたいのかってことだよ」と答えました。「わかった」としばらくして見せてくれたプロフィールには、「しょうらいのゆめ:やさしく」と書かれていて、心が温まったくるみです。

私もやさしい大人になりたいです。

 

ちびは2歳になり、ますますできること、話せることが増え、ひめが幼稚園から帰ってくると、追いかけ回して真似ばかりしています。

 ひめはというと、こちらもこちらで、幼稚園の先生の真似、にーさんを見て学んだ小学校生活の真似、私の真似…と、ごっこ遊びが多く、その真似をするちびと2人で、遠足ごっこや、おままごと、幼稚園ごっことごっこ遊びをよくしています。

 

見ていると子供は大人とは違う興味を持って、いつも周りを細かい視点で観察、記憶して真似をするんだな、と思います。

私の口調そっくりでハッとしたり…

 

今日はそんなごっこ遊びの楽しさがいっぱいの絵本です。

 

バスってたのしい

男の子がぬいぐるみやイスなどを使ってバスごっこをします。バス停に停車したり急カーブしたり、たのしいごっこ遊びの世界に浸れる赤ちゃんにもおすすめの絵本です。

 

鮮やかな黄色の表紙に楽しそうな男の子。

バスごっこのはじまりはじまり。

ごっこ遊び大好きなひめは、あっという間に絵本の中へ。

バスなのね 

可愛い言葉遣いに癒やされます。

バスってたのしい

素直だなぁ。何かを楽しいって思って口にする、それだけで楽しくなっちゃう、嬉しい言葉です。

 

想像力さえあれば、今この場所が山の頂上にも南の島にも教室にもレストランにもなる子供たち。

大人だって、夢見がちだなんてバカにせず、実現できるできないに関係なくもっと自由に空想を楽しんでもいいのかもしれないですね。

バスなのね (First Book Series)

バスなのね (First Book Series)

 

 

"面倒くさい"ばかり言っていると…「ものぐさトミー」

こんにちは。

一昨日。ベルギー戦の悔しい気持ちを拭い切れないまま寝不足のぼんやりとした頭で、ニュースを見ていたら、ダイジェストでは今度こそ日本がもう1点入れるんじゃないか、とバカみたいに釘付けになって、再度悔しい思いをしたくるみです。

 

さて、みなさんは普段「面倒くさい」と思うことがありますか?多いですか?

 

私は、多いように思います。

本当に面倒な換気扇の掃除や提出書類の記入はともかく、毎日の家事や、入浴や着替えまで…

 

そんな私ですが、面倒くさいというのは非常に望ましくない感覚だと思っています。

 

食べること、顔を洗うこと、髪をとかすこと、爪を切ること、メイクすること、ゴミを捨てること、お皿を洗うこと、掃除をすること…

 

たくさんの細胞が生まれ、死んでいくことを繰り返すように、そもそも人が生きることは同じことを繰り返すことと言えそうです。

 

それを面倒くさいというのは、生きることそのものが面倒くさくなっているのではないか。

生きているのが当たり前になり、感謝が足りないからではないか。

 

そう思うからです。

 

けれど、面倒くさいという感情のおかげでたくさんの便利が生まれてきたのも確かです。

洗濯板で1枚1枚じゃぶじゃぶ洗うのはとても面倒だと感じた誰かが洗濯機を発明してくれたように。

 

現代の私達はその恩恵を受け、面倒な仕事から解放された分の余剰の時間ができました。

その時間で、生きることに直接は関わらないような何かに一生懸命になったり、考えたり、楽しんだりできるようになり、とても豊かに暮らすことができています。

 

けれどまた、その贅沢な環境のせいで、日常の生きることに関わることを面倒に感じるようになっている…

 

そのことが、私に違和感や徒労感、虚しさを感じさせ、時々不安定になります。

 

本当はもっと日常の中で生きることを大切にしたいと思いつつ、たくさんの誘惑や理想に追われ、バランスをとるのが難しいのです。

 

もっと自分が落ち着ける、丁寧でシンプルな暮らし方を探そうと思う今日この頃です。

 

「 面倒くさい」から派生してそんなことを考えた絵本はこちら。 

 

たべすぎトミー

主人公はその名もトミー・ナマケンボ。電気仕掛けの家に住み、朝の仕度、入浴や歯磨き、朝食まで全てを機械になされるがまま。自分では何もしません。ところがある日、停電が起き、トミーの1日は大変なことに…

 

少し古い言葉遣いと文字が多い雰囲気の絵本だったので、物語に入り込むまで、ひめの集中力が心配でした。

けれど、説明したりしつつ、何とか我慢して途中まで読み進むと後半はただただ大笑いしながら読めました。

にーさんも面白かったようで声をあげて笑っていました。

 

それにしてもトミー、1日1食だとしても食べ過ぎです。停電前の普通の日の時点でもはや罰ゲームレベルの食べさせられ方だと思ってしまいました。

 

お風呂や歯磨きが自動なのは少し羨ましいけど、どんなに時代が変わっても、食べるのは自分のタイミングで食べたいなぁ。

 

小学生にもおすすめの絵本です。

ものぐさトミー (岩波の子どもの本)

ものぐさトミー (岩波の子どもの本)

 

 

落とし物は届けよう「おっとおとしもの」

こんにちは。

勝負の世界について新しい扉を開いて考えたポーランド戦から、まだ寝不足を引きずったぼんやりとした頭で過ごしているくるみです。

 

いろいろな意見がありつつも、勝ち取ったトーナメント。今度は正々堂々と戦い、事前予想を覆す快進撃を見たいです。

しかし、午前3時ですね…

 

さて、先週はとても風が強い日が続きました。

出しているゴミが飛んできたり、洗濯物が飛んでいったり。

道にはどこから来たのかダンボールの箱が落ちていました。

 

道を歩いていると普通の日でもたくさんの落とし物があります。

子供の片方の靴、傘、手袋…誰かがそばのフェンスに結びつけてくれていたり、車に踏まれないように端っこに寄せてあったりしているそれらの落とし物が持ち主の手に戻るようにと思いながら、横目に通り過ぎます。

 

今日はそんな落とし物の絵本です。

落とし物を届けてあげる親切心を大切に

男の子が持っていたトラックのおもちゃ。荷台がなくなってしまいました。どこかで落としちゃったのかな。一緒に探しにいきましょう。

 

男の子が下を見ながら歩いていると、道にいろいろな物が落ちていることに気付きます。

途中で同じように落とし物を探している人とすれ違い、それならさっき通りすぎた所にあったような…とページを戻ったりして楽しめる絵本です。

 

落とし物を見つけたら交番に届けるということを知らないひめに、教えることもでき、勉強になりました。

 

落とし物といえば…

もう十数年前の話。

イタリア旅行から帰ってきた友達は、スリなどの被害から守ろうとピリピリしていた緊張が一気にほどけ、免税店で買ったブランド品を成田空港のトイレに置き忘れてしまいました。思いっきりブランドの名前が書いてある紙袋のまま。

しばらくして気付いた友達と一緒にトイレに戻るも、なくなっていました。

さすがに誰かに盗られてしまったんだと、せっかくの楽しい旅の気分が一気にダウン。友達を慰めつつ、空港の落とし物センターへ行ってみると…なんと、届いていました!中身もそのまま!

ああ、なんて素晴らしい国、日本。

(もしかしたら海外の方が届けてくれたのかもしれませんが)

 

あの時、届けて下さった方、本当にありがとう!

落とすとすごく凹むし、再会できたらホントに嬉しい、落とし物。

落とし物を届けてあげる親切心を子どもたちに伝えていきたいなと思います。

おっとおとしもの

おっとおとしもの